なぜと3回唱えて

日々のいろんなことに「なぜ」を3回唱えて考えたことを書いています。

アフィリエイター危機?!医療サイトWELQの公的BAN!余波はどこまで?

医療サイトWELQのBANについて、真実は?

 

2016年11月29日、株式会社ディー・エヌ・エー(以下DeNA)が運営している医療やヘルスケア情報を扱っているサイト「WELQ(ウェルク)」をが全部の記事を非公開としました。

併せて、取り扱っているすべての広告商品の販売を停止している模様。

事実上の全面停止となっています。

 

実は昨日(2016年11月29日)、管理人・3Whyは公的年金の調べ物をするため、ネットサーフィンをしていたんですが、すでにWELQのページが開けませんでした。

 

そこには「現在、全記事非公開」との文字が、実に驚きです。

そこで、なぜこのような自体になったのか調べ、考えてみました。

 

 

なぜこのような自体になったのか?

理由は簡単でした。

 

「不正確な情報が掲載されている」

 

アクセスするとサイト上では、DeNAが自主的に行ったようにも見えるのですが、調べていくと。

 

東京都から呼び出し

 

正確には2016年11月28日、2016年11月28日、東京都の音喜多議員が東京都に問題となっているWELQ現状を報告。

 

それを受け、都福祉保健局より「WELQの記事の不正確さを問題がある」という理由で、DeNAは保険局に来庁するよう依頼があったようです。

 

東京都はWELQが発信している医療情報について、読者の誤解を招くと危惧したようですね。

 

ん?

これはまずいんじゃないか?

 

東京都はWELQ(アフィリエイター)が発信している(勝手に書いている)医療情報(量産記事)について、読者の誤解を招く(適当な情報で騙す)と危惧した(BANした

 ・・・と読めてしまう。

 

 

なぜDeNAは東京都から呼び出されたのか?

 

医療の記事を専門知識のない完全な素人が書いており、医師等の医療関係者の目を通らずにサイトにアップされていた現状があったようですね。

これに比べてヘルスケア大学は、医師や専門家が顔や名前を出して書かれており、信頼性は高いと思います。(回し者ではありませんので、あしからず)

 

薬事法違反、不正確な内容、無断転載、医学的根拠のないものが溢れている・・・とてもひどい状態。

 

でも前日までサイトは炎上につぐ、大炎上!!

 収集がつかないことになっていたようですね。

 

しかし、今回の問題は学的根拠がない記事を摘しただけではなかったのです 。

 

それは?

 

 

薬事法というルールを知らず、当たり前に違反行為(文章表現)を繰り返す

 

薬事法を詳しく説明するとそれだけで何千文字と書いてしまう恐れがあるので、エッセンスだけ列挙します。

 

まず薬事法とは・・・

「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」「医療機器」の4種類についての品質有効性及び安全性の確保のために必要な規制を行うために制定された法律。

それに伴い、医薬品の製造販売流通に関する規定はもちろん、医薬品等の表示広告、薬局の開設に関する内容等についても定められています。

 

まとめると

医療品は「治す

化粧品は「美しく見せる」「隠す

医薬部外品は「防ぐ

医療機器は「体に影響を及ぼす

 

維持・補うはOK

治す・予防・増進・増強はNG

 

表現が気になる方は、薬事チェックツール「やくじるし」というサイトがありますので、使って見るといいと思います。

(自分の文書を入力するとチェック出来ますよ)

 

要は・・・

 

品質(良く出来てる)

有効性(良く効く)

安全性(副作用はありません)

 

、と書くなってことですね。

 

 

そして、製造・販売・流通、そして表示・広告に関しても決められてます。

 

WELQは医薬品メーカーや販売サイトではないため、製造・販売・流通という点では薬事法には引っかかりません。

 

しかし、この広告にはばっちり引っかかったのです。

 

WELQが東京から指摘され問題となったのは広告表示!?

東京都はWELQは医薬品販売サイトではなかったため、監視対象ではなかったようです。

 

いわゆるノーマーク。

まぁ、泳がされていたのでしょうね。

目に余ったため、今回見せしめに大々的にBAN!!!!

 

以後、大きく規制が入るでしょうね。

今回指摘した東京都議もその他のサイトでも同じような事例が散見されるとコメントしているようですので、自体は深刻でしょう。

 

特にヘルスケアを中心に活動しているアフィリエイターは十分注意することをオススメします。

 

「死にたい」とGoogle検索するとトップに表示されるWELQの記事が発端

Googleで「死にたい」と検索するとトップに出て来るWELQの記事

 

タイトルは・・・

「死にたいと思ったときに試してほしい7つの対処法」

内容は深層心理に言及する内容だったようで、そこに自己分析サービスのアフィリエイト広告が貼られていたとのこと。

 

その自己分析サービスは転職サイトのものだったそうで。

 

せめて、心療内科を紹介したり、自己啓発書を勧めたり、パワースポットや気分転換の旅行のアフィリエイトなら、まだ許せたかもしりません。

 

アフィリエイト自体は否定しませんが、僕も今回のやり方は許せません。

 

 

しかし情報を扱うものこそ勝者になるうる

今回感じたのは、情報を持つ者こそ勝者になりえるということです。

情報弱者にならないようにみんなで勉強していきましょう!

 

 

まとめ

ヘルスケアのアフィリエイターさんはとにかく表現に気をつけましょう。

そして、情報が簡単に手に入る時代です。

だからこそ、インターネットだけではなく、本を読み、人に聞き、最後は自分の判断を信じましょう。