読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜと3回唱えて

日々のいろんなことに「なぜ」を3回唱えて考えたことを書いています。

(CM再追記)発売日は12月6日!人喰いの大鷲トリコは延期を理由に大失敗するのではないか?

f:id:nazetosankai:20161203111034p:plain

 

 

12月6日発売!人喰いの大鷲トリコは大失敗するのではないか?

人喰いの大鷲トリコとは?

 

「思い出の中のその怪物はいつも優しい目をしていた。」

「少年と巨獣が紡ぐ、新たなる神話。

 

この2つのキャッチコピーは人喰い大鷲のトリコにつけられたものだ。

特に「少年と巨獣が紡ぐ、新たなる神話。」は広告やポスターに採用されていて、発売を心待ちにしていたファンを12月6日までワクワクさせているようだ。

 

少年と人喰いと恐れられている大鷲トリコが巨大遺跡を一緒に冒険し、絆を深めていくアクション・アドベンチャー

 

人喰いの大鷲トリコは2009年に制作発表され、7年間期間を経てようやく発売。

 

当初はPS3用ソフトをして発表されたことを、筆者3whyも覚えている。

2011年発売の「ico/ワンダと巨像 limited box」の購入特典として封入されているブックレットに、トリコの制作状況が書かれていて、上田文人ディレクターの世界観に浸った。

しかし、その後開発中断・中止のリーク騒動、商標登録の未申請など、上田文人ワールド信者を中心にネットを騒がせていた。

 

今年に入り正式発売が発表され2016年9月に発売予定となっていたが、2016年12月への延期も決まり、ファンを落胆させたのは記憶に新しい。

 

なぜファンは7年間も待つことが出来たのか?

 

 

1.上田ワールド中毒者続出!『ico』、『ワンダと巨像』の存在

上田ディレクター作品は「ico」と「ワンダと巨像」という2作品が有名。

どちらも名作中の名作で、かく言う3whyも上田ワールド中毒者だ。

 

ico

2001年発売のPS2用ソフト

角が生えたために生贄として謎の古城に閉じ込められた少年イコが、そこで出会った言葉の通じない少女ヨルダの手を取り、彼女を守りつつ共に古城から脱出する内容のアクションアドベンチャーゲーム

キャッチコピーは「この人の手を離さない。僕の魂ごと離してしまう気がするから

 

ワンダと巨像

2005年発売のPS2用ソフト

主人公のワンダが、少女の魂を取り戻すために、世界に散らばる巨像と呼ばれる巨大な敵を探し出して、撃破していくアクションRPG

巨像によじ登り、暴れる巨人に振り落とされないように掴まりながら、一撃一撃を繰り出していく。

キャッチコピーは「最後の一撃は、せつない。」

 

 

前出した「ico/ワンダと巨像 limited box」が2011年にPS3でHD化して再発売。

3Whyにもlimited boxは発売日当日に買い、そこから毎年必ず1からやりクリアをした。

このboxを買ったことがゲーム人生の第2幕と言っても過言ではないだろう。

 

なんでかというか、誰かに感動を伝えたいと思うようになったこと。

 

興味のある友人には即貸した。

興味のない友人には「良いから良いから」となだめて貸した。

途中で詰んだという友人を見つけては、酒を片手に友人宅に馳せ参じ一緒に朝までプレイした。

映画が見たいという先輩には、3whyオススメの映画DVDに忍ばせておいた。

当時まだPS3を持ってない友人にはPS3ごと貸したこともあった。

競馬が好きな友人をアグロに乗せた。

高所恐怖症の友人と巨像に登り、びっくりさせたこともある。

女の子と手を繋いだことのない後輩に一晩中ヨルダの手を握らせた。

そして、何人かと涙した。

 

ゲームの「ゲ」の字も知らなかった嫁を2年間かけてゲーマーして、この秋二人でicoとワンダをクリアした。

 

ファミコン世代の友人はみんな口を揃えた。

icoでは「R1ボタンにヨルダの手を感じた」

ワンダでは「R1を強く握ってしまって、本当に握力がなくなった」

 

icoはヒロインのヨルダの手をにぎるアクションが、ワンダと巨像では巨像から振り落とされないようにするために掴まるアクションがR1に割り振られている。

 

やってない人はやって欲しい。

いや、やるべきだ。トリコを買う前にかならずやるべき。

 

2016年の年末はFF15龍が如く・・・ビックタイトルが目白押しけど、トリコを検討しているなら、今日からヨルダの手をとって世界に駆け出すべきだ。

 

 

しかし、あまりCMを見ない。

少なくともFF15龍が如くと比べても圧倒的に少ない。リーク情報も殆ど無い。

本当に12月6日に発売するのか?

 

 

2.人喰いの大鷲トリコのCMで見ない!発売を不安視する声も!?

あまりCMを見ない。

TVCMやyoutubeで流れるCMでも露出が少ない。

ネットではまた延期するのではないかと、不安な声もあがった。

 

しかしこれは制作側の狙いでもあるという。

直前まで情報を出さないことで、トリコの購入者をその世界での没入感を高めたいという意図があるとのこと。

 

確かに「ico」「ワンダと巨像」も、初見プレイは攻略サイトを見てやるようなものではない。絶対にだめだ。全くおすすめしない。

トリコの制作側も絶対に同様の意見だろう。

 

上田ワールドは説明が少ない。

他のゲームであるような開始時の回想シーンや生い立ちや状況説明は、とにかく最小限に留められる

 

今回のトリコについても、主人公の少年が気がつくと、自分がどこにいるかもわからない。そして、自分の目の前には大鷲トリコがつながれている。

幾つかのシーンは情報としてあるものの、殆ど確定的な情報はない。

 

しかし、12月1日から5日間連続でCMを公開している。

様々な立場の人たちが、人喰いの大鷲トリコを7年間待っていたという設定で描かれている。

 

以下、CMネタバレ

 

~ある会社員場合~

ある会社員が、人喰いの大鷲トリコ発売のポスターを店頭で見かける

同僚から「これ随分前に予約してなかったか?」と聞かれ、「7年前」と答え呆然と立ち尽くしている。

そしてポツリと呟く「出たら出たで寂しいんだよなぁ・・・」と。

 

www.youtube.com

 

~ゲーム店の場合~

店長らしき人物が2009年のゲームの予約ノートを見ながら、若い金髪の定員に向かって「人喰いの大鷲トリコって知ってる?」と聞く。

若い定員は「ありましたね。(トリコを予約した人も)流石に忘れてるでしょ?」と返す。店長もノートを見ながら「まぁ、普通はね」と。

しかし、人喰いの大鷲トリコの予約確認の電話がかかってくる。

 

www.youtube.com

 

~海外のファンの場合~

英語なのでなんて言っているのか分かりませんが(笑)

ゲームの動画を見ながらまったりとしている外国人数名が写ります。

そこでトリコの発売決定が分かると「ヒャッホイ」的なCMのです。

注目してほしいのは奥で別途に寝ている青年は乗り遅れてしまい、無反応であること。

www.youtube.com

 

 

 ~ある夫婦の場合~

夫が仕事から帰宅、妻は洋服をたたんでいる

妻「何買ってきたの?」

夫「PS4」

妻「ゲームは卒業したんじゃなかったっけ?」

夫「7年間待ってたゲームがあって、けじめっていうか。なぁ、結婚式の時に俺が言った言葉覚えてる?この人の手を離さない。僕の魂ごと・・・

2人「離してしまう気がするから

www.youtube.com

 

~あるコンビニ定員の場合~

「先輩、店長に怒られちゃいますよ(はあと)」

二人の関係が気になりますね。

www.youtube.com

 

今後も6日まで連日、夫婦や様々な人たちが登場するという。

なお、今回のCM監督は松岡錠司さん。

映画「東京タワー オカンとボクと、時々オトン」や「深夜食堂」シリーズのメガホンの取った方です。

 

以下、松岡錠司さんのコメントです。
「7 年間待ち焦がれてきた人々の『トリコ』発売に対する感慨は計り知れないものがあると思います。待ち続けた誇り高き市井人々の心情の一面を丁寧に描写すること。その作業に腐心しました。」と、松岡錠司さんの熱い思いも感じる。

 

情報の少なさやカウントダウンCMも含めて、演出だと考えると作品への期待感も膨らむのではないだろうか。

 

ただ、待ちに待ったファンとしては心配な面もある。

 

 

難航したゲームは失敗するケースが多い

直近のゲームでいうとFF15は難航に難航を重ねたゲームだった。

10年という時間がかかった。

理由は社長の交代や会社の体制の変化、開発チームのリーダー出会ったディレクターの交代などなど。

FF15の評価は今後明らかになっていくが、現在の評価は比較的失敗に近い印象を受ける。

10年待った期待感、ファイナルファンタジーという冠をつけていることで生まれるハードル。様々な理由があるだろう。

僕自信も最後までプレイをした上で評価したいと思っている。

 

ファイナルファンタジーだけではない。

今までも多くのゲームが難航してはユーザーの評価という海の中で難破し、記憶の彼方に沈んでいった。

 

・会社の体制問題

・制作側と出資者側での意思疎通が取れておらず、ご破算

・目まぐるしく移りゆくハードに、プラットフォームの変更を余儀なくされた

・開発途中でのディレクション変更など

 

悲しいかな、これが現実なのよね。

 

トリコの開発が難航した理由の一つとしてあげられるのは、PS3からPS4へのプラットフォームの変更をしていることだ。

 

しかし、FF15と大きく違うのはディレクションの変更はなく、開発当初のビジョンを実現出来たと、制作側からも自信の声が聞けていることは、僕らファンとしても安心出来るニュースであることは間違いない。

 

12月6日に産声をあげるトリコはどんな状態で産ましめられるのか。

そして7年間待ったファンは、7年間でどんな成長をしたのか。

 

CMの中でぽつりと呟いた会社員の言葉を思い出した。

出たら出たで寂しいんだよなぁ・・・

 

さあ、カウントダウンを一緒に楽しもう。

 

まとめ

12月6日まで「ico」や「ワンダと巨像」をやろうじゃないか。

今回もR1ボタンから世界観を感じることの出来る、「握りしめるゲーム」として期待したい。